ごはん できたよ〜

2歳の息子が私のマネをして言います

人気の焼豚丼(^ ^)とバンバンジーサラダ

f:id:gohanmama:20180602230508j:image

ども。戸塚です。

5月28日の月曜日は、豚丼でした。

焼豚は結構人気のメニューで、リクエストを頂き何度か作っています(^ ^)

漬け込んで焼くだけ〜意外とラクな焼豚です - ごはん できたよ〜

 

そして、サラダはバンバンジーサラダにしました。

f:id:gohanmama:20180605215804j:image

 

豚肉と鶏肉で肉づくしですが、バランス良く出来たかなと思います

 

では、ごはん できたよ〜。

目次

ーーーーーーーーーー

  1. 本日のメニュー(焼豚丼のサイドメニュー)
  2. タレも美味しい!焼豚丼とバンバンジーサラダ
  3. 本日の社食キッチン

ーーーーーーーーーー

本日のメニュー(焼豚丼のサイドメニュー)

本日のメニューは、イクラの差し入れもあり、見た目も豪華でした!

f:id:gohanmama:20180605224954j:image

本日のメニュー

ーーーーーーーーーー

  • 豚丼
  • バンバンジーサラダ
  • 中華スープ
  • イクラのせおろしキュウリ
  • パンナコッタ(黄桃ソース)

ーーーーーーーーーー

f:id:gohanmama:20180605224510j:image

イクラは、当日差し入れがあり、なんか使ってくれとのことで、こうなりました(^_^;)

 

なんか、オシャレで豪華なランチになりました。

大根おろしイクラはよくありますが、大根が無くて、キュウリがあったのですりおろしキュウリに。

 

なかなか合っていたように思います。

 

f:id:gohanmama:20180605224749j:image

パンナコッタの黄桃ソースは、黄桃の缶詰をミキサーにかけるだけですが、お手軽で美味しいフルーツソースになります。

おススメです!

 

タレも美味しい!焼豚丼とバンバンジーサラダ

f:id:gohanmama:20180605220110j:image

豚丼ができるまで

焼豚の詳細は以前の記事を見て頂くとして

漬け込んで焼くだけ〜意外とラクな焼豚です - ごはん できたよ〜

 

今回の流れをご紹介しましょう。

f:id:gohanmama:20180605220301j:image

まずは豚の肩ロースを塊で用意します。

 

今回は冷凍の、一つ2キロくらいのものを2つ用意して、解凍に4日かけています。冷蔵庫内でじっくり解凍ってのも、美味しいポイントです!

 

今回は注射器を使用せず(忘れた)、縦切りしてフォークで穴を開けました。味を染み込みやすくする為です。

f:id:gohanmama:20180605220940j:image

チャック袋に入れて4日間熟成です。

 

f:id:gohanmama:20180605221110j:image

漬け込みが終わるといい色になっとります。

この時、袋に残った漬けダレは小鍋に入れて煮立たせます。

アクを取って煮込み、醤油やほんだしで味を整えます。

丼のタレとして後でかけましょう。

 

さて、オーブンにクッキングシートをひいて、160℃で60〜90分(中心温度70℃以上)加熱します。

 

f:id:gohanmama:20180605221316j:image

こんがりと焼けております。

 

f:id:gohanmama:20180605221355j:image

今回は丼なので、セッセとスライスしましょう。

熱いので気を付けて。

 

f:id:gohanmama:20180605220110j:image

ネギの青い部分をフライパンで焼いて、タレを絡めたものを添えました。

タレをさっとかけて、セルフサービスなのでこの状態でお出しします。

 

みなさん、好みの量で丼にご飯→焼豚、ネギ→白髪ねぎ→タレ

とかけて焼豚丼を作って食べて頂きました。

f:id:gohanmama:20180605222102j:image

 

美味しい〜

の声が嬉しかったです(^ ^)

 

バンバンジーサラダができるまで

f:id:gohanmama:20180605222353j:image

バンバンジーは、まぁ一般的な作り方だと思いますが、鶏肉をしっとり仕上げるのが美味しさのポイントかと思います。

 

タレも市販のゴマだれでもいいですが、今回はねりごまで作ったので紹介します!

 

f:id:gohanmama:20180605222629j:image

鶏胸肉、1キロほど用意しました。

 

後で裂きやすいように、熱が通りやすいように、線維と平行に薄切りにしておきます。

 

袋に入れて、塩1.3%(13g)、酒100ml、砂糖5gを揉み込み、冷蔵庫で少し寝かせます。

 

f:id:gohanmama:20180605222927j:image

蒸し器で蒸してもいいですが、面倒なのでフライパンで蒸します。

クッキングシートを引いて鶏肉を乗せたら、シートの下に1カップ程度の水を入れ、火にかけます。

弱火でじっくり、優しく加熱しましょう。

 

時々肉を上下返して、まんべんなく熱が通るようにします。

 

f:id:gohanmama:20180605223806j:image

あとは、スライスしたトマト、千切りキュウリ、レンジでボイルしたモヤシの上に裂いて乗せます。

 

バンバンジーのタレのレシピ

  • ねりごま…大さじ4
  • 砂糖…大さじ2
  • 酢…大さじ2
  • 醤油…大さじ2
  • ごま油…大さじ1
  • 豆板醤…小さじ半分
  • しょうがすりおろし…一欠片分
  • すりゴマ…大さじ1

 

これらを混ぜて、かけまして、出来上がりです。

f:id:gohanmama:20180605222353j:image

ちーちゃん、キュウリの千切りありがとう!

 

本日の社食キッチン

この日は、「おかあしゃん!保育園はお休みします!」と言い張る息子を無理矢理預けての出勤でした。

 

迎えに行くといつもニッコニコなので、行く時は泣いても、園では大丈夫なんだと思えるようになりました。

 

ちーちゃんの息子も同じ歳なので、そんな話で盛り上がります。

 

うちの息子はちーちゃんとこの息子が大好き。

会えなくてもスマホの動画や写真で、思い出を反復してはニコニコしています。

 

また一緒に遊ぼうねぇ(^ ^)